ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

ゴルフを上達させるには「自分のタイプ」を知る その①

読了までの目安時間:約 5分

 



glf0003-009

血液型と同じようにカラダにもタイプがある

毎月・毎週のように発行されているゴルフ雑誌には
いろんな上達法が特集されていますね。

 

先週の特集では「グリップは指先に絡めて...」と
言っていたのに対し、今週の特集では「グリップは手のひらで
包み込むように...」他にも、90切りをするには
「体重移動はしないように...」はたまた「体重移動することによりパワーが...」
などなど指導者もしくは選手によって違うことを言っている時がありますよね?

 

「どのグリップにするのがいいのか?」
「体重移動は必要なのか?」
「上達するには、何が正解なのか?」

 

といろんな雑誌を読めば読むほど迷ってしまい

目標の90切りがどんどん遠のいてしまうなんてことも...

 

1つハッキリと言えることは

「紹介されている上達法はすべて正解である!」

ということです。

 

人間のカラダは血液型と同じように動かし方に「タイプ」が
存在するんです。

 

グリップ・スタンス・体重移動など、すべてにおいて
自分にあった動かし方があるので、紹介されている
上達法は同じタイプのゴルファーであれば正解となるんですね。

 

自分のタイプを知り、そのタイプのあった上達法を
取り入れるだけで大きく変わってくるんです!

 

4つのタイプの特徴とは

カラダの動かし方のタイプをご紹介します。
そのタイプは血液型の同じように、4つのタイプに
分かれています。

 

自分のタイプを認識することにより、どの指導者の
上達法が自分に適しているのかを見極めることが
出来るようになり迷いが少なくなってくると思います。

 

どんなトップゴルファーの真似をしたら上、90切りが
達成できるのかということも分かるようになるんです。

その4つのタイプに分かれる特徴とは

 

・つま先重心
・かかと重心
・内側重心
・外側重心

 

この4つの特徴を合わせると

 

●つま先・内側重心
●つま先・外側重心
●かかと・内側重心
●かかと・外側重心

 

この4つのタイプにわかれることになります。

 

今まで多くの上達法では「つま先重心」ということが
言われていきました。この4つのタイプで見てみると、
半分のゴルファーしか適していませんよね?

 

その中で、「ガニ股する」「膝を絞る」など付け加えると
その指導者が言っている上達法は、4分の1のゴルファーにしか
適していないものとなります。

 

他にも、真似したいスイングってありますよね?

例えば

石川遼選手やタイガー・ウッズ。特にタイガー・ウッズは
ここ最近のスイング改造により「左一軸」スイングに
なっています。日本のプロでも谷原秀人選手・岩田寛選手などが
左一軸にスイング改造しています。

 

よく雑誌でも見かけるようになりましたね?

 

流行りだから...タイガー・ウッズが...など
すぐに真似してしまうのではなく、4つのタイプに
照らし合わせ、自分に合っているのかを見極め
取り入れるかを判断していくことが上達の近道になってきます。

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

 

タグ : 

4スタンス理論   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る