ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

かかと外側タイプ(B2) 総括

読了までの目安時間:約 6分

 



t02200220_0499049911438540116

かかと外側タイプ(B2)はふところを深く


かかと外側タイプ(B2)の「グリップ」と
「アドレス」からお話していきます。

 

ココを間違えてセットアップしてしまうと
カラダに合ったスイングが出来ませんので
スコアアップには繋がりません。

 

しっかりと意識していきましょう^^

 

まずは、かかと外側タイプ(B2)の「グリップ」。

 

人差し指の付け根から掌低(手のひら下部のふくらんだ部分)
にかけて手のひらを斜めに横切るラインにクラブを
置き、手のひらでクラブを握るようにします。

 

かかと外側タイプ(B2)はクラブは手のひらで握ることを
意識してください。

 

この時、左手の親指はをある程度伸ばして(ロングサム)
少し右にズラして置くようにしましょう。

 

もちろん、忘れてはいけない右手も同じように
手のひらを斜めに横切るように握るようにしてください。

 

かかと外側タイプ(B2)の右手はストロング気味
下から握るようにすると気持ちよくグリップ出来ます。

 

続いて、かかと外側タイプ(B2)の「アドレス」です。

 

真っ直ぐに立った状態から両ひざを前に出して
、骨盤と足首の空間を圧縮していくように
地面にしっかりと圧力をかけていきます。

 

ひざを前に出して、お尻がかかとよりも
大きく後ろに出ないように注意してくだい。

 

かかと外側タイプ(B2)のアドレスで
大切なことが、4つのタイプの中で最も
「ふところが深い」という点です。

 

かかと外側タイプ(B2)の代表と言ってもいい

 

「池田勇太プロ」

 

のアドレスをみてみると、ふところが深いのが
わかりますよね?

 

o0164019911117657582

 

腕の前に腕を振るスペースを作っておかないと
気持ちよくスイングが出来ません。

 

足をバタバタさせながら、ふところの空間を
キープできる足の位置を探すようにしましょう。

 

 

スイングイメージは「8の字」


かかと外側タイプ(B2)のスイングイメージに

ついてお話していきます。

 

スイングイメージは独特な「8の字」

 

バックスイングで外に上がったクラブが
ループを描いてインサイドから下りてくる。

 

インパクトからはアウトサイドに抜けて
フィニッシュに向かうようにイメージ。

 

まさに、池田勇太プロのスイングそのものです。

 

ココで気をつけてもらいたいのが
かかと外側タイプ(B2)は下半身が先行するということ。

 

まず、下半身から動き出して上半身、クラブが
遅れてついてくる。

 

この動きの中で「8の字」をイメージしてください。

 

また、かかと外側タイプ(B2)のスイングに
体重移動を忘れてはいけません。

 

レッスン書には、「その場で打て」「カラダの回転で打て」
なんて書いてあったりしますがかかと外側タイプ(B2)は
左右にカラダを揺さぶるダイナミックなスイングイメージを
持つようにしましょう!

 

 

首の付け根を動かさない


かかと外側タイプ(B2)は左右に揺さぶる
体重移動が重要な中で動かさないように
するポイントもあります。

 

そのポイントは「首の付け根」です。

 

バックスイングで右に体重移動するするときに
若干右に動きますが、ダウンスイング、インパクト、
ファローではこの首の付け根が右股関節の上に
安定させるようにイメージしてください。

 

 

まとめ


かかと外側タイプ(B2)のスイングは

 

「左右に揺さぶる体重移動」
「8の字を描くスイング」
「池田勇太プロ」

 

この3点を大切しながらスイング作りを
していきましょう^^

 

ゴルフ上達のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。


ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

⇒【激安】ゴルフ場予約は『ゴルフ三昧』

 

タグ : 

4スタンス理論   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る