ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

自分に合ったグリップ、パワーラインとは

読了までの目安時間:約 7分

 



korea grip3

自分のカラダに合ったグリップとは

今回は、グリップについてもう1度考えてみようと
思います。

 

このグリップ次第でスコアに大きく影響してくるのを
ご存知ですか?

 

レッスン書でも、グリップの解説は必ずありますよね?

 

「ウィークグリップが良い」、「フックグリップが良い」
から始まり「左手はウィークで右手はフックで...」

 

どのグリップが自分に合っているか、よくわかりませんよね?

 

ここでは、自分のカラダにおタイプに合ったグリップについて
もう1度考えてみようと思います。

 

ここでのテーマは「パワーライン」、あまり聞いたことありませんよね?

 

このパワーラインに沿って握ることが、自分に合った本当の
グリップということになりますので、ぜひ、練習場で試してみましょう!

 

まずは、タイプ別のグリップについてお話します。

 

◆つま先内側タイプ(A1)のグリップ
・クラブが手のひらに対して斜めになるように指先で握る

 

◆つま先外側タイプ(A2)のグリップ
・クラブが手のひらに対して直角になるように指先で握る

 

◆かかと内側タイプ(B1)のグリップ
・クラブが手のひらに対して直角になるように手のひらで握る

 

◆かかと外側タイプ(B2)のグリップ
・クラブが手のひらに対して斜めなるように手のひらで握る

 

この握り方を取り入れるだけで、違和感はなくなって
いくと思います。

 

レッスン書や上級者からのアドバイスを鵜呑みするのではなく
カラダに合った握り方をすることが、スコアアップの秘訣になるはずです^^

 

 

その線に沿って握ると動きやすくなる「パワーライン」とは?


ここからがグリップで1番大切とも言える「パワーライン」の
お話になります。

 

自分のカラダに合ったパワーラインを知ることで
カラダ全体が動きやすくなり、可動域が大きくなる
効果まで得られますので、ぜひ、記憶してくださいね。

 

◆つま先内側タイプ(A1)のパワーライン
・人差し指の第二関節から小指の付け根を横切る斜めのライン

 

◆つま先外側タイプ(A2)のパワーライン
・4本指の付け根を横切るライン

 

◆かかと内側タイプ(B1)のパワーライン
・親指の付け根から手のひらを直角に横切るライン

 

◆かかと外側タイプ(B2)のパワーライン
・人差し指の付け根から、掌底(手のひらの下部)にかけて
 手のひらを斜めに横切るライン

 

このラインを意識して握ることが、自分のカラダに
合ったグリップになります。

 

「いやいや、○○プロはこう言っていた」
「レッスンプロからは、こう言われた」

 

など、疑問に思うこともあるかもしれません。

 

しかし、人間というのは、手のひらや足の裏から
入ってくる情報で、カラダの動きやすさが変わる
こともあると言われています。

 

私はこのパワーラインに沿ったグリップを
試して、スイングが大きく変わりました。

 

「今までの練習時間は何だったんだ!」

 

後悔してしまうほどです。

 

騙されたと思って練習場で試してみませんか?

手と手を一本化させるイメージとは


ゴルフの上達させる上で重要になってくるグリップですが
その中でも、パワーラインに沿って握ることが大切と
お話してきました。

 

でも、グリップってどうしても左手だけで考えてしまう
ゴルファーが多いようです。

 

私もそうでした。

 

左手だけ、パワーラインを意識してグリップをしていて
どうもシックリこないんですね。

 

手と手を一本化させるには、必ず両手をパワーラインに
合わせてみてください。

 

思いのほか、シックリくるはずです。

もう、グリップで悩むことは無くなるはずです。

 

また、両手で大きなボール(サッカーボールなど)を
投げるイメージを持つと手とカラダが同調させる感覚を
つかめますので、ぜひ、試してみてくださいね^^

 

 

まとめ


自分のカラダに合ったグリップ、パワーラインを意識して
握ることにより、重心軸が安定してカラダが動きやすくなり
可動域が広がります。

 

左右の手のパワーラインに沿ってグリップすることを
心がけていきましょう^^

 

ゴルフ上達にお役に立てれば幸いです。

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

タグ : 

握り方(グリップ)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る