ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

力を出せる握り方(グリップ)を知る②

読了までの目安時間:約 6分

 



glf0039-002

あなたはショートサム?それともロングサム?

前回の話では、フィンガーグリップパームグリップ
パワーラインについてお話しました。

 

これからお話するのが、親指についてです。

 

最近のレッスン書ではショートサムが良いなんて
記事も見つけますが、自分のカラダにあった
握り方をしないと安定しません。

 

例えば、

・フィンガーで握るつま先タイプは「ショートサム」
・パームで握るかかとタイプは「ロングサム

 

このように握らないとグリップが安定しません。

(ショートサムとは親指を詰めて握ること。ロングサムとは
親指を伸ばして握ること)

 

実際に、かかとタイプのジャンボ尾崎プロと深堀圭一郎プロは
かなりロングサムで握っています。

 

長さの度合い的には

 

かかと内側重心タイプ ⇒ いちばんロングサム
かかと外側重心タイプ ⇒ ほぼラングサム
つま先外側重心タイプ ⇒ ミドルサム
つま先内側重心タイプ ⇒ ショートサム

 

このようになります。

 

また、左親指の置き方が重要になってきます。

 

クラブを斜めに握っている、つま先内側タイプとかかと外側タイプは
左親指を少し右にズラして握り、平行に握っているつま先外側タイプと
かかと内側タイプは左親指をクラブのセンターに置くようにします。

そうすることにより、フェースをスクェアにコントロールしやすくなります。

 

ここでちょっと意識して欲しいことがあるのですが、すべての指で
しっかり握るのではなく、内側タイプは人差し指中指
外側タイプは薬指中指を意識して握り、動作の基点にすると
より安定したグリップになります。きっとゴルフ上達の助けに
なってくれるはずです。

 

 

これで完成!持ち方・合わせ方

最後になりました。これで完璧なグリップの完成です。

最後は右手の握り方・合わせ方になります。
基本的には、つま先タイプはフィンガーでかかとタイプは
パームで握ることは変わりません。

 

ここで変わるのが右手の合わせ方です。
つま先タイプは左右の手をタテに合わせるように
かかとタイプは左右の手をヨコから合わせるようにします。

 

ちょっとわかりにくかもしれませんが、左手で下からクラブを支え
右手を上から合わせるのがつま先タイプ。
クラブを横から挟むように握るのがかかタイプになります。

 

さらに、気をつけたいことが左右の親指の関係です。

 

何度かお話していますが、カラダのパフォーマンスを上げる
カラダの使い方として、クロス・パラレルタイプのお話をしました。

 

ここでも同じようにクロスタイプのつま先内側タイプとかかと外側タイプは
左右の親指を交差して握る。

パラレルタイプのつま先外側タイプとかかと内側タイプは左右親指を平行に握る。

 

こうすることで、安定したグリップが完成します。いくら良いスイングをしても
グリップが安定しないと、90切りとはいきません。

 

ゴルフの上達に悩んでいるあなた。1度グリップからやり直してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

2回にわたってお話した握り方(グリップ)ですが、簡単にまとめみます。

 

◆つま先内側タイプ
・フィンガー
・斜めに握る
・ショートサム&左親指をズラす
・上下から&両親指交差

 

◆つま先外側タイプ
・フィンガー
・平行に握る
・ミドルサム&左親指真上
・上下から&両親指平行

 

◆かかと内側タイプ
・パーム
・平行に握る
・ロングサム&左親指真上
・左右から&両親指平行

 

◆かかと外側タイプ
・パーム
・斜めに握る
・ほぼロングサム&左親指をズラす
・左右から&両親指交差

 

ゴルフ上達のヒントがきっとココにあります。
ぜひ、試してみましょう!

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

 

タグ :     

握り方(グリップ)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る