ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

力を出せる握り方を知る①

読了までの目安時間:約 4分

 



101824s

あなたはフィンガーグリップ?それともパームグリップ?

スイングをする上でなんと無く握ってしまっているグリップ。
このグリップにも、自分のカラダにあった握り方があるので
試してみてくださいね。

 

まず、つま先タイプの人は指先で握る(フィンガーグリップ)
かかとタイプの人は手の平で握る(パームグリップ)ということ。

タイプの判断方法でつり革の話をしましたが、つま先タイプの人は
指先で、かかとタイプの人は手の平で持つと安定するという特性があります。

 

最近では、グリップはフィンガーグリップで握るとよく言われていますが
(私も何度も試しましたが、しっくり来ませんでした。。。)

 

すべてのゴルファーが同じ握り方をするのではなく、自分のタイプにあった
握り方(グリップ)にすることで、より安定し無駄な力が入らないようになります。

 

ゴルフ上達に欠かせないグリップ。さらに詳しく説明していきますね。

 

 

パワーラインとは?

タイプ別の具体的な握り方(グリップ)として

 

・つま先タイプは、左人差し指の指先側にクラブを置く
・かかとタイプは、左人差し指の付根クラブを置く

 

先程、お話したフィンガーグリップとパームグリップで
握るためです。

 

さらに、ここからが重要になってくるのですが

 

・つま先内側重心タイプとかかと外側重心タイプは手のひらに対してクラブの斜めに握る
・つま先外側重心タイプとかかと内側重心タイプは手のひらに対して直角気味に握る

 

このように握ることが重要になってきます。

 

以前の記事でクロスタイプ・パラレルタイプのお話をしましたが
カラダをクロス(交差)して使う、カラダをパラレル(平行)に使うことで
より効率よく運動が出来る特性があるからです。

 

さらに、もう1つ覚えていただきたいことがあります。
それは「パワーライン」の存在です。
聞いたことがないゴルファーが多いと思いますが、このパワーラインに沿って
モノを持つことにより、カラダ全体が動きやすくなるんです。

タイプ別にご説明しますと

 

・つま先内側重心タイプは人差し指の第二関節から小指の付け根を横切る斜めのライン

・つま先外側重心タイプは4本指の付け根を横切るライン

・かかと内側重心タイプは親指の付け根から手のひらを横切るライン

・かかと外側重心タイプは人差し指の付け根から手のひらの下部にかけて手のひらを斜めに横切るライン

 

以上がそれぞれにあったパワーラインになります。
このラインにクラブを当てて握ることがゴルフ上達にも繋がってくるはずです。

 

 

ベン・ホーガンでさえ。。。

かのベン・ホーガンもゴルフはグリップで決まると言っていました。
彼ほどの天才でさえ、生涯、グリップを研究していたそうです。

 

なんと無く握ってしまっていたグリップ。自分に合った握り方(グリップ)を
知ることで安定したスイングを手に入れ、90切りを目指しましょう!

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

 

タグ :   

握り方(グリップ)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る