ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

飛距離の欲がゴルフ上達の邪魔をする

読了までの目安時間:約 5分

 



images

ゴルフの上達には、良いリズムでスイング

することが大切ですよね?

 

理論的なことを考えてスイングするよりは
リズムイメージなどの感覚的なものを
思い描くことで良いリズムが生まれます。

 

ただ、それでもナイスショットに結びつかない
ことも少なからず出てきます。

 

その原因の大きな理由についてお話していきます。

 

飛距離の欲とは?

良いリズムでスイングが出来ても、ナイスショットに
ならない大きな原因は

 

「飛距離の欲」

 

に負けてまうからだと考えられます。

 

例えば、

 

・ロングホールだから、出来る限り飛ばしたい
・ピン位置が難しいから2打目は短いクラブで打ちたい。

 そのためにはとりあえず、ティーショットを飛ばしたい
・もうボギーが叩けなくなった。悪くてもパーで上がるためには
 とりあえず、ティーショットを飛ばしたい
・ティーショットを曲げて林の中へ。少しでも前に進めたいため
 小さな隙間を狙って、木に当たって...

 

ラウンド中はどんな状況でも必ず、「飛ばしたい!」という
飛距離の欲との戦いになります。

 

1歩引いて考えるだけで、飛距離の欲を捨てることが
スコアアップ、ひいてはゴルフ上達につながってきます。

 

・ロングホール → 無理せず3オン
・ピン位置が難しい → アプローチで勝負
・スコアが悪くなった → 大叩きだけは止めよう
・林に曲げてしまった → 攻めずに横へレイアップ

 

飛ばしたい欲のない心の状態を保ち続けられるように
日ごろの練習から心がけるようにしていきましょう!

 

良いリズムの邪魔をするスピード違反とは?

良いリズム、良いリズムとゴルフではよく
言われますが、その中でも注意したいリズムがあります。

 

「スピード違反リズム」

 

良いリズムは素振りをすることで掴むことが
出来ますが、この素振りに注意しないと
「スピード違反」が起こります。

 

素振りでは実際にボールを打つ時よりも
速いスピードで振ることが出来てしまいます。

 

また、ここでも「飛距離の欲」が邪魔をし
飛ばせるスピードで振りたいと素振りの
スピードが上がってしまいます。

 

良いリズムを掴むために打つ瞬間になって
「ビュッ」と振ってやろう!

 

こんな時にもスピード違反が起こります。

 

もちろん、これも「飛距離の欲」に
心が支配されてしまっていますよね?

 

良いリズムを心がけているにも関わらず
そこにスピード違反が起こってしまうと
カラダのバランスが崩れナイスショットには
なりません。

 

スピード違反はクルマと同じように
大変キケンですので注意してください。

 

まとめ

飛ばしたい!という思いはゴルファーであれば
誰でも思い描くことであり、もちろん、ビックドライブは
ゴルフ最大の醍醐味と言ってもいいかもしれません。

 

けれど、ゴルフは「飛距離の欲」との戦いでもあります。

 

この「飛距離の欲」をコントロールすることが
ゴルフ上達に直結していきます。

 

飛距離の欲に負けないメンタルを持ちましょう!

 

タグ :

心(メンタル)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る