ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

どんな傾斜地でもセットアップ(構え方)で攻略する ~左足上がり編~

読了までの目安時間:約 8分

 



images

どんな時でも打ち方を変えない

ラウンド中に必ず打つこととなる、傾斜地からのショット。

 

練習場では経験できないため、傾斜地からの1打を
難しく感じ、スコアを崩してしまうゴルファーも多いはず...

 

「左足下がりからは、どうやって打って攻略するのか?」
「左足上がりからは、どうやって打って攻略するのか?」

「左足下がりのセットアップ(構え方)はどうすれば...」

「左足下がりのセットアップ(構え方)はどうすれば...」

 

どうすればいいのか考えながら打ってしまうこともありますよね?

 

ここでは、やさしくシンプルな傾斜地からの攻略法を
ご紹介します。

 

「どうやって打つのか?」

 

まず、この考え方を捨てましょう!

 

どうやって打つのかということは、その都度、その状況で
打ち方を変えることを意味します。

 

これでは、ゴルフが難しくなってしまうんです。
どんな状況(傾斜地、平らなライでも)同じ打ち方をすることが
ゴルフ上達には大切なことです。

 

では、同じ打ち方で攻略するにはどうするか?

 

「カラダにあったセットアップ(構え方)をする」

 

ゴルフはアドレスで決まるとも言われます。
アドレスで違和感を感じた時にナイスショットは出ませんよね?

 

左足上がりやどんな状況でも、カラダにあったセットアップをする。

そうすることで、どんな傾斜地からでも攻略できるはずです。

 

今回は、左足上がりのセットアップ(構え方)を
詳しくお話していきます。

 

 

左足上がりのセットアップ ~つま先内側タイプ(A1)~

 

A1タイプの左足上がりのセットアップ(構え方)は

 

・右手もしくは両手でクラブをもち、両足をそろえた状態で
ボールにクラブヘッドを合わせる

 

・左足、左ひざ、みぞおちが垂直に並ぶようにする

 

・頭の位置がなるべく動かにないように、右足、左足の順で
スタンスを広げ、カラダのラインを傾斜に対して鉛直に構える

 

※鉛直とは、重力の方向。つまり、重力に対してカラダを真っ直ぐにすること

 

つま先内側タイプは、左軸をで構えること、傾斜地に対してカラダを平行に
使うことを忘れないようにしましょう。

 

ただ、右足に体重のかかる左足上がりを苦手と感じることの多い
A1タイプ。バックスイングでカラダが右に動いてしまうと
ミスになる可能性が大きくなり攻略が難しいでしょう。

 

アドレスした時に、左ももの内側に緊張感を感じ、その緊張が
抜けないようにスイングすることがポイントです。

 

左太ももを動かさにようにするイメージがいいですね。

 

 

左足上がりのセットアップ ~つま先外側タイプ(A2)~

 

A2タイプの左足上がりでのセットアップ(構え方)は

 

・右手もしくは両手でクラブをもち、両足をそろえた状態で
ボールにクラブヘッドを合わせる

 

・左足、左ひざ、みぞおちが垂直に並ぶようにする

 

・右足、左足の順でスタンスを広げる時に
頭の位置を少し右に動かして傾斜に対して垂直に構える

 

ただ、A2タイプも左足上がりを苦手と感じることが多いようです。

 

アドレスした時に感じる、左のお尻の緊張感が抜けないように
スイングすることが攻略のポイントです。

 

左のお尻が右に流れないようにするイメージがいいでしょう。

 

 

左足上がりのセットアップ ~かかと内側タイプ(B1)~

 

B1タイプの左足上がりのセットアップ(構え方)は

 

・右手でクラブを持ち、両足をそろえた状態で
ボールにクラブヘッドを合わせる

 

・右足、右股関節、首の付け根が垂直になるように構える

 

・左足、右足の順でスタンスを広げ、頭を少し右に動かして
カラダのラインを傾斜と垂直に、肩のラインを傾斜に平行にする

 

Bタイプは左足上がりを苦に感じることは少ないので
この手順でセットアップして攻略するようにしましょう。

 

 

左足上がりのセットアップ ~かかと外側タイプ(B2)~

 

B2タイプの左足あがりのセットアップ(構え方)は

 

・右手でクラブを持ち、両足をそろえた状態で
ボールにクラブヘッドを合わせる

 

・右足、右股関節、首の付け根が垂直になるように構える

 

・頭の位置が動かないように、左足、右足の順でスタンスを
広げ、カラダのラインを傾斜に対して鉛直に構える

 

※鉛直とは、重力の方向。つまり、重力に対してカラダを真っ直ぐにすること

 

B2と同じように、左足上がりを苦に感じることは少ないので
この手順のようにセットアップし攻略するようにしましょう。

 

 

まとめ


左足あがりなどのどんな状況でも

 

・Aタイプは左軸を感じる
・Bタイプは右軸を感じる

 

このセットアップ(構え方)の基本は変えずに攻略していく。

 

そこに、カラダを平行に使いたいのか(パラレルタイプ)
カラダをクロスして使いたい(クロスタイプ)のが
加わり、傾斜地での頭の位置が変わります。

 

左足あがりのライでもカラダのタイプにあった使い方が

90切り攻略のヒントになってくれるはずです。

 

ゴルフ上達へお役に立てれば幸いです。

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

タグ : 

左足上がり   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る