ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

ドライバーショットは真っ直ぐが理想?

読了までの目安時間:約 5分

 



ダウンロード

ドライバーは曲げていい!


ドキドキする、朝一ショットのドライバー。
真っ直ぐ飛ぶか考え過ぎてしてしまいリラックス出来ず
カラダが縮こまってしまい最悪のドライバーショットに...

なんてこと良くありますよね?

 

誰でもドライバーショットは曲げたくありません。
真っ直ぐに打ちたいと練習場でも取り組んでいるでしょう。

 

けれど、その考え方・思いがスコアにマイナスに影響している
ことをご存じでしょうか?

 

下の映像をご覧ください。

女子プロの1番ホールでのドライバーショットの弾道映像です。

 

 

 

 

真っ直ぐにキレイにドライバーショットを打っている女子プロは
いないと言ってもいいでしょう。

 

ドロー、フェードと曲がることが大前提としてアドレスし打っているのが
わかりますよね?

 

どの選手もストレートボールでフェアウェイを狙っているわけではありません。

 

練習を重ねている女子プロの選手でさえ、ドライバーショットを
真っ直ぐに打っていないのに、私たちアベレージゴルファーがストレートボールが

打てるように考え練習する。そもそも、この考え方が間違っています。

 

練習場でも、真っ直ぐに打てることを確認するのではなく
ドローボール、フェードボールでターゲットに向かっていくような
ドライバーの練習を心がけることがゴルフ上達への近道になるはずです。

 

 

プロの選手でもドライバーショットのミスが多い


上記のドライバーショットの弾道映像から分かるように、意外にも
ミスが多いことに気付きます。

 

よくゴルフ場や練習場でドライバーを始めとしてミスをしてしまいクラブを
叩きつけたり、機嫌が悪くなったりしている人を見かけますが、見ている人も
嫌な気分になりますよね?

 

プロの選手たちでさえ、ミスショットをするのにも関わらず

 

「アベレージゴルファーでもある、あなたがプロと同じように
打てると思っているのか!自分の実力を考えろ!」

 

と言いたくなります。

 

ドライバーショットは曲がっていいんです。この考え方をするだけで
真っ直ぐ飛ばすプレッシャーから解放されるはずです。

 

真っ直ぐ飛ばずに、イライラしてしまう人は心を入れ替えてください。

 

 

ベン・ホーガンが「グッドショット!」と言う時


誰もが憧れるベン・ホーガンのスイング。
いろいろなレッスン書で理想と言われています。彼はフェードヒッターと
言われていましたね。

 

あのベン・ホーガンが一緒にラウンドしているプレイヤーに向けて

 

「グッドショット!」

 

と声をかけてくれときは、必ず、ドローやフェードで曲げてピンに
絡めたショットを打てた時と言われています。

 

真っ直ぐに飛んでピンに絡んだ時は、たまたま真っ直ぐに打てた(マグレ)
という理由で言わない。

 

ドライバーショットはやアイアンショットを真っ直ぐに打とうとする
考え方がいかに間違っているのかがよく分かるエピソードです。

 

「真っ直ぐに打ちたい!」という思いはゴルフ上達の妨げになる考え方なのかもしれません。

 

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

⇒【激安】ゴルフ場予約は『ゴルフ三昧』

 

タグ :

ドライバーショット   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る