ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

ゴルフ日記 ~マスターズ2014~

読了までの目安時間:約 7分

 



photo_10

マスターズを4スタンス理論で観戦する

 

さぁ、今年もマスターズ2014の季節がやってきました。
寒い冬を終えゴルフシーズン到来!という感じがしてきます。

 

当サイトでは、ゴルフ上達へ向けて、カラダのタイプに
あったスイングをご紹介してきました。

 

今年のマスターズは、このカラダのタイプをテーマに
観戦することで、よりマスターズを楽しむ、ゴルフ上達への
ヒントを見つけることをオススメします!

 

 

タイプ別選手紹介


自分のカラダのタイプと同じ選手を追うことで
ゴルフ上達へのヒントを見つけることが出来る
かもしれません。

 

ここでは、マスターズに出場する世界ランク30位までの選手

+αの選手のタイプをご紹介していきます。

 

まずは、

 

◆つま先内側タイプ(A1) 3人

アダム・スコット
ローリー・マキロイ
松山英樹

 

A1タイプには、昨年の優勝者「アダム・スコット」と我らが「松山英樹選手」が
います。

 

◆つま先外側タイプ(A2)15人

タイガー・ウッズ (今年は欠場)

ジャスティン・ローズ
ジョーダン・スピース
スティーブ・ストリッカー
イアン・ポールター
ウェブ・シンプソン
ジェイミー・ドナルドソン
トーマス・ビョーン
ケビン・スタドラー
ジョン・センデン
スコット・スターリングス
シャー・シュワーツェル
ジミー・ウォーカー
ダスティン・ジョンソン
グラハム・デラート

 

残念ながら、タイガー・ウッズは欠場になりますが
最大勢力となるA2タイプ。

 

シンプルなスイングな選手が多く、ショートアイアンが
得意な選手が多いようです。

 

◆かかと内側タイプ(B1) 11人

ヘンリク・ステンソン
セルヒオ・ガルシア
バッバ・ワトソン
ブラント・セテネガー
ビクタ・デュビットソン
ジム・フューリック
ルーク・ドナルド
マット・エブリー
マット・クーチャー
グレーム・マクダウェル
ジェイソン・ダフナー

 

やはり、注目は飛ばし屋「バッバ・ワトソン」でしょうか?

 

このB1タイプは、インパクトを点でとらえる選手も多く
個性的で職人系の選手多いのが特徴です。

 

職人系...
なんだかカッコいいです。

 

◆かかと外側タイプ(B2) 5人

ジェイソン・デイ
フィル・ミケルソン
キーガン・ブラットリー
ザック・ジョンソン

パトリック・リード

 

何といっても、タイガー・ウッズが欠場の今回のマスターズで
優勝経験が多い、「フィル・ミケルソン」が注目ではないでしょうか?

また、ここ11年でレフティが5勝あげているデータもあります。

 

 

過去20年の歴代優勝者を考える

 

3割以上がつま先外側タイプ(A2)が勝っていますが(7勝)
そのうち4勝はタイガー・ウッズがあげたもの。

 

今年はタイガー・ウッズは欠場...

 

人数で考えると、つま先内側タイプが5人5勝と最多となっています。

となると、我らが日本代表、「松山英樹選手」の優勝の可能性も...

 

そんなに甘くはありませんが、日本を盛り上げてくれるように
予選突破してほしいですね。

 

◆つま先内側タイプ(A1)

アダム・スコット(13)
トレバー・イメルマン(08)
ビジェイ・シン(00)
ニック・ファルド(96)
ベン・クレンショー(95)

 

◆つま先外側タイプ(A2)

シャール・シュワーツェル(11)

タイガー・ウッズ(05,02,01,97)
マイク・ウィア(03)
マーク・オメーラ(98)

 

◆かかと内側タイプ(B1)

バッバ・ワトソン(12)
アンヘル・カブレラ(09)
ホセ・マリア・オラサバル(99,94)

 

◆かかと外側タイプ(B2)

フィル・ミケルソン(10,06,04)
ザック・ジョンソン(07)

 

 

まとめ

 

カラダのタイプ別でマスターズを見てみると

つま先内側タイプ(A1)とつま先外側タイプ(A2)の
つま先タイプ(A型)が有力のようです。

 

ただ、自分のカラダのタイプと同じ選手を追う。
これは、新しい観戦の仕方ではないでしょうか。

 

マスターズ2014を楽しみましょう!

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

ゴルフ日記   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る