ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

スタンスの作り方と幅を知る

読了までの目安時間:約 5分

 



glf0016-026

スタンスを作るステップの違いとは?

今回のテーマは「スタンス」についてです。

 

まず、スタンスの作り方の基本として、

 

・つま先タイプは右足をステップしてスタンスを決める
・かかとタイプは左足・右足の順にステップしてスタンスを決める

 

ちょっとした違いになりますが、ゴルフ上達には大切なところでもあります。

なぜ、タイプごとで違うのかをご説明しましょう。

まず、つま先タイプのゴルファーの場合、右足だけを動かすと
自然と左足を軸としたアドレスになります。

 

このタイプは、前足(右利きゴルファーの左足)が運動の基点という
特徴を持っているので、スイングする時は左足を軸とした回転運動を
することによってカラダがスムーズに動きます。

 

そのためには、左足を軸にして右足をステップしてスタンスを作る必要があるわけです。

つづいて、かかとタイプです。

 

「左足→右足」の順でスタンスを作りますが、つま先タイプのように右足をステップすると
左足が軸となってします。後ろ足(右利きのゴルファーの右足)を運動の基点とする
かかとタイプにとっては、左軸になってしまうとカラダがスムーズに動かなくなります。

かかとタイプのスイングとしては、後ろ足を運動の基点として回転し、右足を蹴って
左に体重移動してインパクトをしたい。

 

この動きをスムーズにするために、

 

①左足を少し動かす
②右足に軸が出来る
③左に乗り込んでいくために右足を動かす

 

このようにスタンスを作る必要があるんです。

 

 

スタンス幅はそれぞれ違う?

タイプ別にスタンス幅の基準が違うことも覚えておくと
90切りへのヒントとなりますのでご紹介します。

 

もちろん、打ちたい距離や状況によっては幅は変わりますが
おくまでも基準です。素ぶりの時などに意識してみてください。

 

まず、つま先タイプの重心を感じるポイントはみぞおち
かかとタイプは骨盤に重心のポイントを感じます。

また、内側・外側重心とタイプがありますので、この特徴を
組み合わせることによって、スタンス幅の基準が決まってきます。

 

・つま先内側タイプは、両足の内側を胴体幅に合わせる
・つま先外側タイプは、両足の外側を胴体幅の合わせる
・かかと内側タイプは、両足の外側を骨盤幅に合わせる
・かかと外側タイプは、両足の内側を骨盤幅に合わせる

 

このようなスタンス幅にすることにより、カラダの連動性が上がり
いちばん気持ちよく動けるようになります。

 

スタンス幅の順としては
かかと外側→つま先内側→かかと内側→つま先外側の順で
スタンス幅が狭くなります。

 

カラダの大きさによるので細かい幅の基準は難しくなりますが
かかと外側のゴルファーには狭いスタンスは勧められませんし
つま先外側のゴルファーに広いスタンスは勧められないということを
知っておくことによって、ゴルフ上達のヒントにしてみてください。

 

 

まとめ

4つのタイプによってスタンスを作る時の足の動かし方や
スタンス幅の基準が違うということ。

 

◆つま先内側タイプ
・右足をステップして左足を軸にスタンスを作る
・両足の内側を胴体幅に

 

◆つま先外側タイプ
・右足をステップして左足を軸にスタンスを作る
・両足の外側を胴体幅に

 

◆かかと内側タイプ
・左足→右足の順にスタンスを作る
・両足の外側を骨盤幅に

 

◆つま先外側タイプ
・左足→右足の順にスタンスを作る
・両足の内側を骨盤幅に

 

スタンスを広めにとってみるなど、小さなことでも良いので
自分のカラダに合ったものを試してみましょう。
90切りが近づいてくるかもしれませんよ!

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

タグ :      

アドレス   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る