ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

アドレスの順番でスコアが決まる?

読了までの目安時間:約 5分

 



glf0006-009

アドレス(セットアップ)の重要性

前回までの記事で、自分のカラダのタイプがどのタイプなのかが
わかったと思います。

 

今回はのテーマは「アドレス(セットアップ)」です。

1番最初のアドレスを間違ってしまうと、90切りという
スコアにはなかなか届きません。自分のカラダにあった
いい動きが出来なくなってしまうんです。

要するに最初のセットアップを正しくすることが出来れば
カラダにあった動きがしやすく、また、悪い動きがしにくく
なるということになります。

 

ゴルフ上達には、最初のアドレス(セットアップ)から
注意が必要なんです。

 

 

形よりも順番が大切

タイプ別のセットアップを知る前に注意してもらいたい
点があります。

 

それぞれのタイプでアドレスの形が違うのではなく
アドレスに入る順番が違うという点です。

 

アドレスの形はほとんど同じようになりますので
形よりも構える手順が大切になります。

 

また、カラダの特性で知っていてもらいたい
点があるのですが、

 

・つま先タイプはみぞおち・ひじ・ひざ
・かかとタイプは首の付け根・骨盤

 

それぞれ上記の部分を安定させるとカラダのパフォーマンスが
上がる特性があります。

 

アドレスに入る際には、つま先タイプはみぞおちとひざを
かかとタイプは骨盤を安定させてから構えると
より安定したアドレスになり、ゴルフの上達へと繋がってきます。

 

 

つま先タイプは「お尻」かかとタイプは「ひざ」

それでは、つま先タイプからお話していきましょう。

 

真っ直ぐに立った状態から、ひざが前に出ないようにお尻を

後ろに出しながら前傾します。真っ直ぐに立った時に、みぞおと

ひざが一直線上(地面に対して垂直な線)にあると思いますが、

その線から外れないようにみぞおちとひざの間隔を近づけながら前傾していきます。

 

続いて、かかとタイプですが
真っ直ぐに立った状態から両ひざを曲げて(前に出して)から前傾します。

骨盤と足首は常に1本の線上にあるようにして骨盤と足首の間隔を
近づけながら前傾していきます。

 

その際の注意点ですが、ひざを前に出したあとに背骨を曲げずに
股関節から前傾すると格好のいいアドレスになります。

 

簡単にまとめますと、つま先タイプはお尻を後ろに出して
かかとタイプはいったんひざをを曲げて腰を落としてから
上半身を前傾させるということです。

 

また、いいアドレスにするためのポイントとしては

 

・つま先タイプはみぞおちとひざのライン
・かかとタイプは骨盤と足首のライン

 

このラインから外れにようにすることがポイントです。

 

 

かかとタイプはひと手間多い

ほとんどのゴルファーがひざを前に曲げてから
アドレスに入ることってないのではと思います。

 

ボールとの距離を確かめるために前傾すると
お尻が後ろにでますので、そのままアドレスに
入りやすいですよね?

 

プロの選手たちも、お尻を後ろに出してから
構えることが多いですよね?

 

かかとタイプのゴルファーは先にお尻が後ろに出てしまうと
安定したアドレスが作りにくいです。

 

つまり、ボールとの間隔を合わせてから真っ直ぐに立って
ひざを曲げ腰を落としてから前傾する形になりますので
ひと手間多くなるわけです。

 

私たちアマチュアゴルファーは繊細な感覚や技術を
持ち合わせていませんので自分のカラダにあった
セットアップの順番を心がけていきましょう!

 

ゴルフ上達、夢の90切りに少しでも近づくために
取り入れてみましょうね!

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

 

タグ :  

アドレス   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る