ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

つま先外側タイプ(A2)本当のスイングとは⑤

読了までの目安時間:約 5分

 



CIMG4187

スイングの一連の動き

つま先外側タイプ(A2)最終回となりました。

 

・アドレス
・スイング全体像
・テークバック
・フットワーク
・インパクト
・フィニッシュ
・スイングリズム

 

最終回のテーマは、「フィニッシュ」「スイングリズム」についてです。

 

これまでのスイング全体の動きを取り入れることによって、カラダに
負担の少ないスイングが出来るようになるはずです。

 

ゴルフ上達に向けて、つま先外側タイプ(A2)のスイングを手に入れましょう!

 

フィニッシュ ~つま先外側タイプ(A2)編~

つま先外側タイプ(A2)のフィニッシュのイメージは

 

タイガー・ウッズ。

 

右足がピーンと伸び、頭が左足の上に来るような
「I字フィニッシュ」が特徴です。

 

右足が伸びるようなフィニッシュはつま先タイプの特徴であり
I字型のフィニッシュはパラレルタイプの特徴でもあります。

 

バックスイングでは右肩と右腰を伸ばすようにシンクロさせ
バックスイングでは左肩と左腰を伸ばすように、同側の体幹部を
同調させることによって

 

・カラダが全体がターゲットに向く
・大きく伸びのあるスイング

 

つま先外側タイプ(A2)はこのようなフィニッシュに自然となるはずです。

 

カラダのタイプにあったスイングが90切りの手助けになります。

タイガー・ウッズのようなI字フィニッシュを目指しましょう!

 

 

スイングリズム ~つま先外側タイプ(A2)編~

最後にスイングリズムについてです。

 

ゴルフには、このリズムというのがスコアにも
大きく影響してきます。

 

つま先外側タイプ(A2)にあったスイングリズムを知ることが
気持ちの良いスイング、90切りに繋がってきますので
ぜひ、リズムを感じてみてください。

 

つま先外側タイプ(A2)は「スッ、サッ」という濁音の入らない
シンプルなリズムになるのが特徴です。

 

切り返しの間をあまり必要としないつま先外側タイプ(A2)では
4つのタイプの中でもいちばんシンプルなリズムであり
自然とスイングテンポも早くなります。

 

普段の練習からスイングのリズムを意識することで
ゴルフ上達、90切りというスコアに繋がってきますので
「スッ、サッ」というシンプルなリズムを心がけましょう!

 

 

まとめ ~つま先外側タイプ(A2)編~

スイングの全体の一連の動きについて、
5回に分けてお話してきました。

 

ココでつま先外側タイプ(A2)の全テーマについてまとめていきます。

 

・アドレス
左手or両手でクラブを握り、アドレス位置まで真っ直ぐ歩く

 

・スイングの全体像
左軸で構え背骨を中心に回転。体重移動の少ない1軸スイング

 

・テークバック
捻転のイメージは不要。右肩を上げるように右サイドを伸ばすように

 

・フットワーク
両ひざを安定させ、足の動きは少ないシンプルなスイング

 

・インパクト
当てる意識は必要なし。その場でクルッと回転するイメージ

 

・フィニッシュ
体重が左足に乗るような「I字型」フィニッシュ

 

・スイングリズム
「スッ、サッ」というようなシンプルなテンポの早い軽快なリズム

 

自分のカラダにあったスイングをすることが、ゴルフ上達の手助けに

なってくれるはずです。
つま先外側タイプ(A2)のゴルファーは「タイガー・ウッズ」のような
スイングをイメージし、90切りを目指しましょう^^

 

90切りへのヒントになってくれれば、幸いです。

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

タグ :  

つま先外側タイプ(A2)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る