ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

つま先外側タイプ(A2)本当のスイングとは②

読了までの目安時間:約 4分

 



100163s

スイングの一連の動き

前回より引き続き、つま先外側タイプ(A2)の
「スイング全体の一連の動き」についてお話していきます。

 

今回のテーマは

 

・アドレス
・スイング全体像
・テークバック
・フットワーク
・インパクト
・フィニッシュ
・スイングリズム

 

の中の「スイング全体像」編になります。

つま先外側タイプ(A2)のスイングの全体像をしっかりと理解すること、

スイングの動き出し理解することが、ゴルフ上達へ繋がってきます。

 

ココをしっかりと理解してきいましょう。

 

 

スイングの全体像 ~つま先外側タイプ(A2)編~

パラレルタイプでもあるつま先外側タイプ(A2)の特徴は
軸の移動をしない「1軸スイング」が基本となります。

 

また、つま先タイプ(Aタイプ)は動作の中心が前足側にあるため
(右打ちの場合は左足)左軸でアドレスし、そのまま左軸で回転し
スイングをするため、4つのタイプの中では体重移動が最も少なくなります。

 

つま先外側タイプ(A2)のスイングのポイントとして意識することは

 

・左軸を残しつつテークバック
・みぞおちの背中側を動かさない
・右肩を上げてクラブを上げる
・左肩を上げてクラブを下ろす

 

この4点を意識することによって、背骨を中心としたクセのない
スイングが完成します。

 

やはり、参考となるスイングはタイガー・ウッズになりますね!

 

左に体重を残しつつ、体重移動も少なくクセのない綺麗なスイングですよね?
レッスン書で、タイガー・ウッズのスイングが多く解説されているのもうなずけます。

強くてクセのない綺麗なスイング。ゴルファーならみんな憧れるスイングです。

 

けれど、参考にしていいのはつま先外側タイプ(A2)のゴルファーになります。
シンプルなスイングになるので、スコアもよくなるかもしれませんが
カラダに合った自然で気持ちのいいスイングではありません。

 

90切りのために、自分のカラダのタイプに合ったスイングを取り入れていきましょう!

 

 

まとめ

つま先外側タイプ(A2)のスイングの全体像をまとめますと

 

・アドレス ⇒ 左軸スイング
・イメージ ⇒ 1軸
・体重移動 ⇒ もっとも少ない
・固定する意識を持つ部分 ⇒みぞおちの背中側

 

この4点を頭に入れて全体像を把握しておくことが重要になってきます。

 

ゴルフ上達に向けしっかりとつま先外側タイプ(A2)のイメージトレーニングをしてきましょう!

 

ゴルフ上達へお役に立てれば幸いです。

 

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

タグ :   

つま先外側タイプ(A2)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る