ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

つま先外側タイプ(A2)本当のスイングとは①

読了までの目安時間:約 4分

 



glf0006-009

スイングの一連の動き

今回のテーマは、つま先外側タイプ(A2)の
「スイング全体の一連の動き」についてです。

 

・アドレス
・スイング全体像
・テークバック
・フットワーク
・インパクト
・フィニッシュ
・スイングリズム

 

以上の点について詳しくお話していきます。

まずは、つま先外側タイプ(A2)の「アドレス」からです。

 

ゴルフ上達のためには、最初のアドレスが重要です。
ここから、カラダのタイプとは違った動きが入ってしまうと
スイング全体に影響してきます。

 

しっかりと覚えていきましょう!

 

 

アドレス ~つま先外側タイプ(A2)編~

つま先外側タイプ(A2)はパラレルタイプでもあるので、
ボールを中心にして直線的にアドレスを向かうことが自然な
動きとなります。

 

まず、

 

①ボールの後ろから目標を確認して、ラインをイメージします
②アドレスの位置まで真っ直ぐに進み、あどれすへ入ります

 

このアドレスへ入る準備の段階で、つま先外側タイプ(A2)に合わない動きを
してしまうと、上手く目標に向かいイメージが出来なかったり
その後、スイングの全体(フィニッシュまで)に悪影響が出てしまいます。

 

普段のラウンドで、アドレスへの入り方(歩き方)まで
意識することって、あまりありませんよね?

 

けれど、こういった小さな動作を大切に考え、自分のカラダにあった
ものを取り入れることが、「ナイスショット」に必ず繋がってきます。

 

ゴルフ上達に向け、このアドレスへの入り方を試してみてください。
もちろん、最初は普段の動きと違うことで違和感を感じてしまうかもしれません。
ただ、このつま先外側タイプ(A2)の動きが90切りへの近道になるはずです。
まずは、練習場で取り入れていきましょう。

 

 

ワンポイントアドバイス ~アドレス編~

つま先外側タイプ(A2)のアドレスのポイントとして
ターゲットに対してスクウェアにすることでと気持ちよく構えられます。

 

両肩、腰、両ひざ、スタンスのラインをターゲットに対して
平行、四角形に構えるように意識するようにしてみましょう。

 

また、アドレスの時には、

 

・ひざを前に出さないように前傾する
・左足軸で構える

 

ということも忘れずにいきましょう。

 

 

まとめ

つま先外側タイプ(A2)のアドレスの入り方として

 

・左手もしくは両手でクラブを握り アドレスに位置まで真っ直ぐ歩く
・ターゲットへのラインに対して 両肩、腰、両ひざ、スタンスを平行に構える

 

カラダにあった気持ちいいスイングがナイスショットに繋がっていきます。
もちろん、そのナイスショットが「90切り」へ繋がってきます。

ゴルフ上達へ向け、「アドレス」大事にしていきましょう!

 

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。


ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

タグ :  

つま先外側タイプ(A2)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る