ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

つま先内側タイプ(A1)本当のスイングとは③

読了までの目安時間:約 5分

 



glf0002-001

glf0002-001

 

 

 

スイングの一連の動き

つま先内側タイプ(A1)の「スイング全体の一連の動き」についてお話していきます。

 

・アドレス
・スイング全体像
・テークバック
・フットワーク
・インパクト
・フィニッシュ
・スイングリズム

 

今回のテーマは、「フットワーク」「インパクト」になります。

ゴルフ上達に役立ててみてくださいね。

 

フットワーク ~つま先内側タイプ(A1)編~

カラダのタイプによって、足の使い方(フットワーク)も変わってきます。
このつま先内側タイプ(A1)の場合は、

 

・左ひざを支点に右の骨盤が上がるようにバックスイング
・右ひざを支点に左の骨盤が上がるようにダウンスイング

 

このように、意識すると自然な動きになってきます。

 

また、アつま先内側タイプ(A1)はドレスの時に上半身を少し左に

シフトして、みぞおちと左ひざが直線上になるように近づけて構え、

 

クラブがトップの高さから2/3に上がるくらいまで両ひざの動きを抑えること

 

が大切になってきます。

 

なかなかイメージすることがむずかしいところですが、

 

・バックスイングでは、左ひざと右肩の間を伸ばすように
・ダウンスイングでは、右ひざと左肩の間を伸ばすように

 

このようにイメージするようにもしてみましょう。

 

内側タイプの特徴として、両ひざの感覚を狭めた方が柔軟性が上がり
力を出しやすくなることも忘れないようにしましょう!

 

小さなフットワークで大きく飛ばすのがつま先内側タイプ(A1)となります。

 

 

インパクト ~つま先内側タイプ(A1)編~

つま先内側タイプ(A1)のインパクトは

低く長いインパクトゾーンでボールをコントロールするのが特徴です。

 

フォローでクラブやボールをコントロールする意識が自然な動きとなるので
バックスイングやダウンスイングを意識する必要はあまりありません。

 

「U字軌道」でボールを捉えて、フォローで球質を操るようにしていきましょう!

 

また、つま先内側タイプ(A1)のポイントとして覚えておきたいことが、

 

「リストターン」。
スイング中は、ひじを固定した方がスムーズにスイングできる
つま先タイプはひじから先を回すようなリストターンになります。

 

つま先タイプは比較的リストターンを強く行うイメージでよいでしょう。

 

 

まとめ ~フットワークとインパクト

つま先内側タイプ(A1)のフットワークは

 

・小さなフットワークで大きく飛ばす

 

このイメージを持つことがゴルフ上達に繋がってきます。

 

両ひざを動かしすぎないようにスイングすることを心掛けてください。

 

インパクトでは

 

・低く長いインパクト
・フォローで球質を操る
・ダウンスイングとインパクトは意識しない

 

この3点を意識するだけでも大きくスイングやスコアに
変化が出てくるはずです。

 

特につま先内側タイプ(A1)ではダウンスイングや

インパクトを意識しないことはスイングする上で

シンプルになりますので、90切りに近づけるのではないでしょうか?

 

ゴルフ上達へのヒントになってくれれば幸いです。

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

 

タグ :  

つま先内側タイプ(A1)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る