ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

つま先内側タイプ(A1)本当のスイングとは②

読了までの目安時間:約 5分

 



glf0010-026

glf0010-026

 

 

スイングの一連の動き

つま先内側タイプ(A1)のスイング全体の一連の動き」に

ついてお話していきます。

 

今回のテーマは

 

・アドレス
・スイング全体像
・テークバック
・フットワーク
・インパクト
・フィニッシュ
・スイングリズム

 

の中の「スイング全体像」「テークバック」についてになります。

ゴルフ上達のヒントにしていただければと思います。

 

 

スイングの全体像 ~つま先内側タイプ(A1)編~

つま先内側タイプ(A1)の全体像として、まずイメージしていただくのが
体重移動多めの2軸スイングです。

 

アドレスでは左足軸に構え、右足→左足と体重移動しながら打つ。
注意点として、固定して動かさにように意識するポイントがあります。

 

・重心の集まるみぞおちの前面もしくは両ひざ

 

特に両ひざは前後左右に動かないように
スイングすることが大切になってきます。

 

また、つま先内側タイプ(A1)はバックスイングでは右ひざに

乗り込むようにダウンスイングでは左ひざに乗り込むようにイメージ
して振るようにしていきましょう!

 

 

テークバック ~つま先内側タイプ(A1)編~

つづいてつま先内側タイプ(A1)のテークバックになります。

 

テークバックにカラダのタイプで違いがあると
聞くと驚く方もいらっしゃると思いますが、
ここはイメージがむずかしいところでもあります。

 

ゴルフの上達には、小さな違いが大きくスコアに
関わってきますのでイメージを膨らませ、
ぜひ、練習場で試してみてください。

 

クロスタイプでもあるつま先内側タイプ(A1)は、テークバックの
動き出しの時に下半身から動く意識を持つようにしましょう。

 

左ひじがみぞおちまの近くにくるまで粘って
(下半身を移動させて)からクラブが力みなく上がるイメージです。

 

この粘るというイメージがむずかしいと思います。

 

何を粘るのか?

 

普段のスイングでは、動き出しというとクラブが先に動く方が多いと
思います。粘るとは、クラブが動かないように粘るということになります。

 

また、具体的に言うと、右の骨盤を上げるように動き出し
バックスイングでは右肩と左腰の間が伸びるようにすると
スムーズにクラブが上がってきます。

 

例えば、石川遼くん(つま先内側タイプ・A1)のようにカラダ全体が

少し右に動いてからクラブが上がってくるようなスイングも参考になると思います。

 

注意点として、骨盤の位置まで大きく右に移動し過ぎないようにしましょう。

 

 

まとめ ~スイングの全体像とテークバック~

つま先内側タイプ(A1)のスイングの全体像をまとめますと

 

アドレス⇒左軸スイング
イメージ⇒2軸
体重移動⇒多め
固定する意識を持つ部分
⇒みぞおち前面

 

テークバックでは

 

・左ひじがみぞおちにくるまで下半身を移動
・右の骨盤を上げる意識で始動
・右肩と左腰の間を伸ばすようにバックスイング

 

多くのことを考えながらスイングすることは非常に大変です。
日頃からスイング全体をイメージしておくことも大切ですね。

 

今回はむずかしいところも多くなってしまいましたが
ゴルフ上達・90切りへの近道になるかもしれません。
ぜひ、つま先内側タイプ(A1)のスイングを積極的に取り入れてみましょう!

 

ゴルフ上達へお役に立てれば幸いです。

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

 

タグ :    

つま先内側タイプ(A1)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る