ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

かかと外側タイプ(B2)本当のスイングとは②

読了までの目安時間:約 5分

 



2014y03m30d_061429038

スイング一連の動き

引き続き、かかと外側タイプ(B2)のスイング全体の
お話をしていきます。

 

・アドレス
・スイング全体像
・テークバック
・フットワーク
・インパクト
・フィニッシュ
・スイングリズム

 

今回のテーマは「スイング全体像」「テークバック」
になります。

 

スイングの全体像を知ることによって、かかと外側タイプ(B2)

のカラダの動かし方がつかめるはずです。

 

自分のカラダを知ることでゴルフ上達に繋がってきますので
ぜひ、イメージし取り入れていきましょう!

 

 

スイング全体像 ~かかと外側タイプ(B2)編~

4つのタイプの中でいちばん体重移動が大きく
右→左と軸を移動させながら振る。

 

2軸スイングになるのが、かかと外側タイプ(B2)の
特徴です。

 

また、スイング中は首の付け根(前側)を動かさないように
イメージすると自然なスイングになります。

 

バックスイングでは、左肩を押し込むように
ダウンスイングでは、右肩を押し込むような動きで
クラブを振ることでバランスの良いスイングになってきます。

 

かかと外側タイプ(B2)のポイントとして意識して

ほしいことは、インパクトに時に重心を右に戻しつつ振り抜くことです。

 

右に大きく体重移動して切り返しで重心は左へ移る。
2軸スイングと聞くと、ここまではイメージが出来ると思います。

 

ただ、かかと外側タイプ(B2)はインパクトの時に重心を右に
戻すことを忘れないようスイングしましょう。

 

 

テークバック ~かかと外側タイプ(B2)編~

かかと外側タイプ(B2)のテークバックは、
「間」「粘り」といった意識がいちばん大きいスイング
になるのが他のタイプと違う特徴になります。

 

その特徴とは

 

・ヘッドを置き去りにしながら始動
・下半身を大きく右に動かしてからクラブを上げる

 

イメージとしては、右手が右股関節の前にくるまで下半身を
移動させてからクラブを上げるようにすることです。

 

その時は、クラブヘッドを置き去りにするような、「粘り」を
意識するといいでしょう。「グーッ」と粘る感じになります。

 

クラブヘッドを置き去りにするスイングと聞くと、なかなか
イメージも難しいですし、実践されているゴルファーも少ないと思います。

 

でも、かかと外側タイプ(B2)はこの「粘り」や「間」がスイングリズムに

大きく影響してきますので意識して取り組んでみましょう。

 

ゴルフ上達へのヒントになってくれるはずです。

 

 

まとめ

 

かかと外側タイプ(B2)のスイング全体像は

 

・アドレス → 右軸
・イメージ → 2軸
・体重移動 → いちばん大きい
・固定する意識 → 首の付け根の前側

 

右→左と大きく体重移動する2軸スイングで振り抜きましょう!

 

テークバックは

 

・クラブヘッドを置き去りに
・下半身を大きく右に移動

 

かかと外側タイプ(B2)はこの2点を意識しながら、

左肩を右腰に近づけるようにバックスイングしていくように

イメージしていきましょう!

 

今までで教わってきたことや、理想としてきたスイングとは

異なる部分が多いかもしれません。

 

でも、自分のカラダにあったスイングって、すごく気持ちいいんです。

少しづつ取り入れてみませんか?

 

ゴルフ上達へのヒントになってくれれば幸いです。

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

タグ :  

かかと外側タイプ(B2)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る