ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

かかと外側タイプ(B2)本当のスイングとは①

読了までの目安時間:約 4分

 



2014y03m29d_065857002

スイング一連の動き

お待ちかねの「かかと外側タイプ(B2)」のスイング全体の
動きについてお話していきます。

 

・アドレス
・スイング全体像
・テークバック
・フットワーク
・インパクト
・フィニッシュ
・スイングリズム

 

なぜお待ちかねというと、日本人は4つのタイプのうち
この「かかと外側タイプ(B2)」の人がいちばん多い

ということなんですね。

 

今回は、「アドレス」についてお話していきます。

90切りに向けて、自分のカラダにあったスイングを取り入れ
実践していきましょう!

 

 

アドレス ~かかと外側タイプ(B2)編~

クロスタイプであるB2タイプは、ボールを中心にして
曲線を描くようにアドレスに入ると気持ちの良い動きになります。

 

特にかかと外側タイプ(B2)は、回り込む動きが大きくなるのが
特徴です。

 

まず、

 

①ボールの後ろから目標を見てラインをイメージし
②ボールを中心に左に大きく回り込んで曲線を描きながら
アドレスの位置に入る

 

その時のポイントとしては、クラブは右手1本で持つことを忘れないように。

 

また、クロスタイプはラインにカラダが平行でなくても違和感はなく、
むしろ、ラインに交差するようにオープンスタンスクローズスタンス
構える方が自然な形となります。

 

かかと外側タイプ(B2)は特にスクエアに構えるという意識は必要ありません。

 

よく、上級者に「真っ直ぐに構えられてない」なんて
言われたことがあるかもしれません。

 

それは、スクエアに構えることに違和感があり、
オープンなりクローズに自然と構えてしまっていた。

 

カラダからのサインだったのかもしれませんね。

 

スクエアに動かなけれないけない!と教わり信じている
かかと外側タイプ(B2)の人は、こういった小さな動きから
意識して変えていきましょう!

 

ゴルフに絶対はありません。柔軟な考え方がゴルフ上達に
繋がってくるはずです。

 

 

まとめ

かかと外側タイプ(B2)のアドレスの入り方として

 

・大きく曲線を描きながらボールの位置まで歩く

・アドレスはオープンスタンスもしくはクローズスタンスでいい

 

この2点を意識して取り組んでみましょう。
90切りが近づいてくるかもしれませんよ^^

 

ゴルフ上達へお役に立てれば幸いです。

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

タグ : 

かかと外側タイプ(B2)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る