ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

かかと内側タイプ(B1)本当のスイングとは③

読了までの目安時間:約 5分

 



2014y02m19d_062533798

スイングの一連の動き

 

引き続き「かかと内側タイプ(B1)」の
スイング全体の動きをお話していきます。

 

・アドレス
・スイング全体像
・テークバック
・フットワーク
・インパクト
・フィニッシュ
・スイングリズム

 

今回のテーマは「フットワーク」「インパクト」になります。

 

かかと内側タイプ(B1)のいちばんの特徴となる「フットワーク」に
ついて話していきますので、自分のカラダにあったひざの
動かし方を知ることができるはずです。

 

ゴルフ上達に繋がってきますので、参考にしてみてください。

 

 

フットワーク ~かかと内側タイプ(B1)編~

4つのタイプの中で、いちばん大きく足を動かすスイングに
なるのが、かかと内側タイプ(B1)です。

 

バックスイングでは左ひざを内側に、ダウンスイングでは
右ひざを内側に動かすスイングになるのが、カラダにあった
自然な動きのとなります。

 

「両ひざを動かし過ぎると、軸がブレてしてまうので
動かさようにスイングをしてください」

 

なんて、レッスン書に書かれていたりしますが、
かかと内側タイプ(B1)のあなたには合いません。

 

両ひざをロックさせずに、左サイドを縮めるような動きで
バックスイングし、右サイドを縮めるような動きで思い切り
振り抜いていきましょう!

 

かかと内側タイプ(B1)のポイントとしては、

首の付け根の裏側(背中側)を安定(固定)
させると、自然に足が動くようになるはずです。

 

 

インパクト ~かかと内側タイプ(B1)編~

4つのタイプの中でも、かかと内側タイプ(B1)は

いちばん「インパクト重視」でありスイングの「右サイド重視」で

インパクトゾーンは低く長くといったイメージをしにくいことが特徴になります。

 

肩口からクラブを振り下ろし、V字軌道でボールを上からとらえる
イメージをしていくので、フォローのイメージは非常に短くなります。

 

またワンポイントとして、インパクト時のリストターンは肩を基点に
イメージするといいでしょう。

 

かかと内側タイプ(B1)は右肩を基点に腕全体を回して手を返すような

リストターンが自然な動きとなりますので、覚えておくのもいいでしょう。

 

 

 

まとめ

かかと内側タイプ(B1)のフットワークでは

 

・ひざを止めずに、大きく動かす
・バックスイング時には左ひざを内側に、ダウンスイングでは
右ひざを内側に積極的に動かしていきましょう!

 

インパクトでは

 

・V字軌道で上からボールをとらえるようにスイング

 

フォローのイメージは短くてもいいので、肩口からボールに
向けて思い切って振り下ろすイメージを持ちましょう。

 

かかと内側タイプ(B1)に合ったスイングを知ることによって、

気持ちよく思い切って振り抜くことが出来るはずです。

 

「思い切り」とうのは、「力を込めて(マン振り)」ではなく

「気持ちよく」ということになりますので、ご注意くださいね。

 

ゴルフ上達のヒントになってくれれば幸いです。

 

 

森田理香子のスイングを見てみた

かかと内側タイプ(B1)のゴルファーが参考にすべき
プロゴルファーとして挙げられるのが「岡本綾子プロ」です。

 

そこで、岡本プロの門下生であり昨年の賞金女王でもある
森田理香子プロにひざの動きを確認してみました。

 

 2014y03m26d_0604310992014y03m26d_060442492

やはり、積極的にひざを動かしていますよね?

大きくひざを動かすことは決して悪いスイングではありません。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

タグ : 

かかと内側タイプ(B1)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る