ゴルフ 上達 90切り

ゴルフ上達ガイド「90切りは夢じゃない!」

すべてのゴルファーの夢、「90切り」…その夢を叶えるためのゴルフ上達法をご紹介します。

かかと内側タイプ(B1)本当のスイングとは②

読了までの目安時間:約 5分

 



‚PƒAƒ“ƒ_[‚P‚SˆÊƒ^ƒC”­i‚̃ƒŠ[Eƒ}ƒLƒƒCi‰pj‚`‚o

スイングの一連の動き

前回からお話しているかかと内側タイプ(B1)の
スイング全体の動きの続きになります。

 

・アドレス
・スイング全体像
・テークバック
・フットワーク
・インパクト
・フィニッシュ
・スイングリズム

 

今回のお話のテーマは「スイング全体像」「テークバック」についてです。

 

ゴルフ上達に向けてかかと内側タイプ(B1)にあったスイングを目指していきましょう!

 

 

スイング全体像 ~かかと内側タイプ(B1)編~

まず、スイングの軸をどこに置くかということですが
かかと重心タイプ(B型)は後ろ足(右足)を軸に
構えることになるので、スイング軸は「右軸」になります。

 

また、かかと内側タイプ(B1)はパラレルタイプでもあるので

背骨を中心にして体幹部の同サイドをシンクロさせカラダの面を
入れ替える「1軸スイング」になります。

 

ここで押さえておきたいことが「動かさないポイント」です。

 

かかと内側タイプ(B1)は首の付け根の背中側(または、骨盤の背中側)

重心の集まるポイントがあるので、そこを動かさにように意識してスイングを
することが大切であり、安定したスイングにも繋がります。

 

1軸スイングは、体重移動も少なくシンプルなスイングが特徴です。

 

※ワンポイントアドバイス

かかと内側タイプ(B1)のバックスイングでは左肩を押し込むように上げ、

ダウンスイングでは右肩を押し込むようにするとカラダが使いやすくなります。

 

 

テークバック ~かかと内側タイプ(B1)編~

ゴルフでは捻転という言葉がついて回りますが
パラレルタイプでもあるかかと内側タイプ(B1)は、

体幹部の同サイドをシンクロさせて使うことでカラダが

スムーズに動くようになるので「ねじる」意識は不要となります。

 

始動のポイントは、左肩を左の骨盤に近づける意識
左サイドが縮むような動きがポイントとなります。

 

左サイドを縮め、それにつられて左ひざが動き
背骨を中心にカラダの面が入れ替わるイメージを持ちましょう。

 

上半身の動きにつられて下半身がついてきますので
上半身を意識して始動することが大切です。

 

※ワンポイントアドバイス
両ひじを自由に使いたい「かかと重心タイプ」には
左腕をピンッと伸ばしたり、右わきを絞ったトップは
カラダに合わないようです。

 

左腕を伸ばす右わきを絞るトップはレッスン書では
理想のトップと謳われることが多いですが、かかと内側タイプ(B1)の
カラダに合うのかをしっかりと見極めましょう。

 

 

まとめ

かかと内側タイプ(B1)のスイング全体像は

 

・アドレス → 右軸
・イメージ → 1軸
・体重移動 → 少なめ

・固定する意識 → 首の付け根の背中側

 

テークバックは

 

・左サイドを縮めるようにテークバック。「ねじる」意識は不要

 

自分のカラダに合った、自然で負担の少ないスイングが
ゴルフ上達には必要になってくるはずです。

 

今までのレッスン書や上級者からのアドバイスを鵜呑みにせずに
柔軟にかかと内側タイプ(B1)のスイングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ゴルフ上達のヒントになってくれれば幸いです。

 

 

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

ゴルフレッスン ブログランキングへ
本日も応援クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

タグ :  

かかと内側タイプ(B1)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る